風通錦 牡丹文 ふうつうにしき ぼたんもん

染織 / 昭和以降 

喜多川俵二 (1936~)
きたがわ ひょうじ
昭和60/1985
絹・風通様倭錦
幅61.0
1反
文化庁分室(東京都台東区上野公園13-9)
国(文化庁)

 有職織物の技術は奈良時代に唐より伝わり、平安時代以降和様化したものである。それは、主として宮廷を中心とした公卿階級の間に用いられた錦・綾・浮織物・二陪織物・紗等を含む技術である。この技術は幾多の曲折はあったが、宮廷の儀式用服飾・神官式服・神宝等により伝えられてきた。
 風通錦(風通様倭錦)は、紋緯が地とは別の経糸と組織され、地や文様の緯糸が幅広く表に出ている部分は袋状になる錦織で、鎌倉時代後半から室町時代にかけての錦に多くみられる。
 本作品は、東京国立博物館所蔵「鐙直垂(伝護良親王御直垂模造)」の「赤地蟹牡丹文錦」を参考にして、それを広幅(曲2尺、61㎝)で制作したものである。

作品所在地の地図

関連リンク

風通錦 牡丹文チェックした作品をもとに関連する作品を探す

有職織物
蜀江錦裂
扇文尽し文経錦丸帯
白地網代丸文様錦 糸屋風通
碧地透文羅裂地
碧地透文羅裂地

北村武資

ページトップへ