Suo Garment (Kyogen costume) Matsukawabishi (pine-bark lozenge) and dragon-shaped lozenge design on black ramie

Details

Suo Garment (Kyogen costume) Matsukawabishi (pine-bark lozenge) and dragon-shaped lozenge design on black ramie

Textiles / Edo

Edo period, 19th century

(素襖)丈67.7 裄94.8 (長袴)腰幅23.8 丈174.0

1具

素襖とは、武家男性の正装用に用いられる広袖・垂領(たりくび)の上衣と長袴のスーツである。狂言においても、主として、いわゆる大名狂言に登場する大名役が着用する。江戸時代後期の素襖には大柄な模様が鮮やかに染められ、芸能衣裳としての特色が見られる。20090722_h09

Related Works

Search items related to work chosen