陣羽織 茶地立涌梅鉢雲龍丸松模様錦 じんばおり ちゃじたてわくうめばちうんりゅうのまるまつもようにしき

その他の画像全2枚中2枚表示

染織 / 江戸 

江戸時代・19世紀
1領

陣羽織とは、本来、戦場で陣中に用いる上衣の一種で鎧【よろい】の上に着用する。江戸時代以降は武士であることを象徴する衣服として仕立てられたようである。表地に用いられる錦は、織留【おりどめ】の部分で模様を老松【おいまつ】に替え「七十六歳 拙蚕作」と織で作者の銘が入る。

作品所在地の地図

関連リンク

陣羽織 茶地立涌梅鉢雲龍丸松模様錦チェックした作品をもとに関連する作品を探す

陣羽織 茶麻地蛇の目模様
陣羽織 浅葱地葵唐草模様錦
陣羽織 朽葉色地葵唐草模様紋紗(夏用)
陣羽織 黒羅紗地富士山模様
陣羽織 緋羅紗無地 三盛雁丸紋付
ページトップへ