陣羽織 浅葱地葵唐草模様錦 じんばおり あさぎじあおいからくさもようにしき

その他の画像全2枚中2枚表示

染織 / 江戸 

江戸時代・19世紀
1領

本来は、陣中において武将が鎧の上に着用するものだった。江戸時代には戦の時代は終わり、陣羽織が実用向けに使用されることはなくなった。この陣羽織は三つ葉葵紋が唐草模様にアレンジされた模様を織り出していることから、徳川家に関係する可能性がある。

作品所在地の地図

関連リンク

陣羽織 浅葱地葵唐草模様錦チェックした作品をもとに関連する作品を探す

陣羽織 朽葉色地葵唐草模様紋紗(夏用)
陣羽織 緋羅紗地 三ツ葉葵紋付(童子用)
陣羽織 茶地立涌梅鉢雲龍丸松模様錦
陣羽織 黒毛「五」文字模様
陣羽織 紫白染分練緯地段葵紋散模様 
ページトップへ