陣羽織 紫白染分練緯地段葵紋散模様  じんばおり  むらさきしろそめわけぬりぬきじだんあおいもんちらしもよう

その他の画像全2枚中2枚表示

染織 / 安土・桃山  江戸 

安土桃山~江戸時代・17世紀
1領

白練緯地に縫【ぬ】い締【し】め絞【しぼ】りで紫の段と三つ葉葵紋を染めた陣羽織で、片身のみが現存する。付属する帖紙【たとう】によれば、高田藩に仕えた前島家の所用で、徳川家康より拝領と伝えられてきた。安土桃山時代の武将に伝来する絞り染による加工の例としては類型的なものの1つである。(小山弓弦葉氏執筆)

作品所在地の地図

関連リンク

陣羽織 紫白染分練緯地段葵紋散模様 チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鎧下着 白練緯地三つ葉葵紋散模様
辻が花染小袖
陣羽織 浅葱地葵唐草模様錦
紫地葵紋付葵葉文様辻が花染羽織
厚板 紫地丸紋散模様
ページトップへ