文化遺産オンライン

厚板 紫地丸紋散模様

あついた  むらさきじまるもんちらしもよう

作品概要

厚板 紫地丸紋散模様

あついた  むらさきじまるもんちらしもよう

染織 / 江戸

江戸時代・17世紀

1領

能装束の厚板の織物には経(たて)6枚綾という組織が用いられる。織り出された丸紋の中には三つ葉葵紋が見られ、所用していた金春(こんぱる)座と徳川家との関係が伺える。両脇をえぐって身幅を狭くするが、元は袖幅がやや狭く身幅がゆったりとした江戸時代前期の仕立である。

厚板 紫地丸紋散模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / 模様 /

関連作品

チェックした関連作品の検索