胴服 水浅葱練緯地蔦模様 三つ葉葵紋付 どうぶく みずあさぎねりぬきじつたもよう みばあおいもんつき

その他の画像全8枚中8枚表示

染織 / 安土・桃山 

安土桃山時代・16~17世紀
丈108.2 裄60.3
1領

現代の羽織の原形で武士が陣中に鎧(よろい)の上に着用したり、普段着として小袖の上に着用したりした綿入れの上衣です。縫い締め絞りと細い墨線による描絵(かきえ)で模様をあらわします。行徳に在住していた鷹師・荒井源左衛門威忠が徳川家康より拝領したと伝わっています。

作品所在地の地図

関連リンク

胴服 水浅葱練緯地蔦模様 三つ葉葵紋付チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鎧下着 水浅葱綸子三つ葉葵紋付
紫地葵紋付葵葉文様辻が花染羽織
紫地葵紋付葵の葉文辻ケ花染羽織
小袖 白練緯地松皮菱竹模様
鎧下着 白練緯地三つ葉葵紋散模様
ページトップへ