小袖 白練緯地松皮菱竹模様 こそで  しろねりぬきじまつかわびしたけもよう

その他の画像全2枚中2枚表示

染織 / 安土・桃山  江戸 

安土桃山~江戸時代・16~17世紀
練緯(絹)、絞り、描絵
丈142.0 裄67.0
1領
重要文化財

通常の小袖に比較すると全体に大ぶりである。権力者から狂言師が拝領するために特別に大きく仕立てられた可能性がある。拝領した小袖を上から羽織り、一曲舞うという趣向である。紫色に染めた松皮菱模様の縫い締め絞りの技法は安土桃山~江戸時代初期の特色。

作品所在地の地図

関連リンク

小袖 白練緯地松皮菱竹模様チェックした作品をもとに関連する作品を探す

胴服 水浅葱練緯地蔦模様 三つ葉葵紋付
小花雲変わり菱繋模様小袖
陣羽織 紫白染分練緯地段葵紋散模様 
松皮菱草花短冊模様辻が花裂
黒紅染分綸子地松皮菱段模様繍箔小袖
ページトップへ