文化遺産オンライン

鎧下着 水浅葱綸子三つ葉葵紋付

よろいしたぎ みずあさぎりんずみつばあおいもんつき

作品概要

鎧下着 水浅葱綸子三つ葉葵紋付

よろいしたぎ みずあさぎりんずみつばあおいもんつき

染織 / 安土・桃山

安土桃山時代・16~17世紀

丈89.0 裄64.0

1領

鎧(よろい)の下に着用する下着で、重い鎧の負担を軽減するため、袷(あわせ)仕立とし、間に綿を入れる。榊原康政(1548~1606)が徳川家康から拝領したと伝わる。両胸および、背中と後ろ袖の五つ所紋に三つ葉葵紋が絞りと上絵で表される。20090624_h22
ルビ:さかきばらやすまさ

鎧下着 水浅葱綸子三つ葉葵紋付をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 下着 / / よろい

関連作品

チェックした関連作品の検索