鎧下着 水浅葱綸子三つ葉葵紋付 よろいしたぎ みずあさぎりんずみつばあおいもんつき

その他の画像全2枚中2枚表示

染織 / 安土・桃山 

安土桃山時代・16~17世紀
丈89.0 裄64.0
1領

鎧(よろい)の下に着用する下着で、重い鎧の負担を軽減するため、袷(あわせ)仕立とし、間に綿を入れる。榊原康政(1548~1606)が徳川家康から拝領したと伝わる。両胸および、背中と後ろ袖の五つ所紋に三つ葉葵紋が絞りと上絵で表される。20090624_h22
ルビ:さかきばらやすまさ

作品所在地の地図

関連リンク

鎧下着 水浅葱綸子三つ葉葵紋付チェックした作品をもとに関連する作品を探す

胴服 水浅葱練緯地蔦模様 三つ葉葵紋付
鎧下着 茶麻地縞雲模様
鎧下着 縹縮緬無地 三つ葉葵紋付
鎧下着 白綾地花束宝尽蓬莱山模様
鎧下着 白練緯地三つ葉葵紋散模様
ページトップへ