鎧下着 白練緯地三つ葉葵紋散模様 よろいしたぎ しろねりぬきじ みつばあおいもんちらしもよう

その他の画像全2枚中2枚表示

染織 / 安土・桃山 

安土桃山時代・16~17世紀
1領

表地には安土桃山時代によく用いられた練緯が用いられ、衿(えり)と袖口にはこの時代に特有の渡し繡で徳川家の家紋が並べられます。練緯は経糸に生糸が用いられ、劣化すると繊維が固くなるため絹地がいたみます。そこで、現状では紙による裏打ちがなされています。

作品所在地の地図

関連リンク

鎧下着 白練緯地三つ葉葵紋散模様チェックした作品をもとに関連する作品を探す

陣羽織 紫白染分練緯地段葵紋散模様 
鎧下着 水浅葱綸子三つ葉葵紋付
厚板 濃緑地亀甲竹雀菊花模様
胴服 水浅葱練緯地蔦模様 三つ葉葵紋付
鎧下着 茶麻地縞雲模様
ページトップへ