縫箔 白地雪持柳扇面肩裾模様 ぬいはく しろじゆきもちやなぎせんめんかたすそもよう

その他の画像全2枚中2枚表示

染織 / 安土・桃山 

安土桃山時代・16世紀
1領
重要文化財

経糸(たて・いと)に生糸、緯糸(よこ・いと)に練絹糸を用いた練緯と呼ばれる裂(きれ)地に、絹糸をふっくらと渡した刺繡(し・しゅう)で模様を表わす。肩と裾に霞か雲のような区画を表わし、内側を模様で埋め尽くしたデザインは肩裾模様と呼ばれ、室町~安土桃山時代に典型的な小袖のスタイルである。 
(2004/09/01_h09)

作品所在地の地図

関連リンク

縫箔 白地雪持柳扇面肩裾模様チェックした作品をもとに関連する作品を探す

縫箔(子方) 白地桐鳳凰芦桜雪持竹肩裾模様
縫箔 白地草花肩裾模様
縫箔  紅白段菊芦水鳥模様
能装束〈雪持柳地紙散繍箔肩裾/〉
縫箔 紅白段短冊八橋雪持柳模様
ページトップへ