縫箔(子方) 白地桐鳳凰芦桜雪持竹肩裾模様 ぬいはく こかた しろじきりほうおうあしさくらゆきもちたけかたすそもよう

その他の画像全6枚中6枚表示

染織 / 安土・桃山 

安土桃山時代・16世紀
1領
重要文化財

肩と裾にのみ模様を施した模様を肩裾模様という。また、縫箔とは、刺繡(し・しゅう)と金銀の箔や泥で模様を施した衣装のことである。唐織が発達する安土桃山時代までは、能では肩裾の縫箔を表着として使用するこことが多かったことが、絵画資料などからうかがえる。(150714_h09)

作品所在地の地図

関連リンク

縫箔(子方) 白地桐鳳凰芦桜雪持竹肩裾模様チェックした作品をもとに関連する作品を探す

ページトップへ