縫箔  紅白段菊芦水鳥模様 ぬいはく こうはくだんきくあしみずとりもよう

その他の画像全4枚中4枚表示

染織 / 安土・桃山 

安土桃山時代・16世紀
1領
重要文化財

袖幅が狭く、ゆったりとした渡(わた)し繡(ぬい)を施し、紅白の段で模様を区切るのは室町~安土桃山時代の特色。紅地の部分には盛り土と菊花、白地の部分には雪持芦に鴛鴦の模様が刺(し)繡(しゅう)される。現状は剥(は)げ落ちているが、かつて白地には金銀で地の部分が箔捺しされていた。
(20100831 h09)

作品所在地の地図

関連リンク

縫箔  紅白段菊芦水鳥模様チェックした作品をもとに関連する作品を探す

能装束〈紅白段菊芦水鳥文繍箔/〉
縫箔(子方) 白地桐鳳凰芦桜雪持竹肩裾模様
能装束〈紅白段草花短冊八橋文繍箔/〉
縫箔 紅白段短冊八橋雪持柳模様
縫箔 白地雪持柳扇面肩裾模様
ページトップへ