角帽子 白地唐花模様 すみぼうし  しろじからはなもよう

染織 / 安土・桃山 

安土桃山時代・16世紀
1頭

僧侶役が着用する帽子。中世に行われる刺(し)繡(しゅう)技法である渡(わた)し繡(ぬい)で、鉄線と思われる蔓状の草花を刺繡した角帽子である。金春家伝来の能装束の中には中世的な特徴である刺繡の角帽子が6点も伝存している点が珍しい。裏地に「八郎」「金」の墨書がある。

作品所在地の地図

関連リンク

角帽子 白地唐花模様チェックした作品をもとに関連する作品を探す

角帽子  淡茶地桜模様
角帽子  茶地丸紋散模様
角帽子 鶸色地紅葉筏模様
縫箔 白地秋草雲模様
角帽子 水浅葱地楓折枝桐模様
ページトップへ