角帽子 紺地藤丸模様 すみぼうし こんじふじのまるもよう

その他の画像全2枚中2枚表示

染織 / 江戸 

江戸時代・18世紀
1頭

角帽子とは、頭頂が三角にとがり、裾(すそ)を長く垂らした、僧侶の帽子である。両脇にある共裂の紐を後ろで結んで頭に固定する。江戸時代以降は、中国風の模様を織り出した錦(にしき)や緞子(どんす)、金襴(きんらん)などが好んで用いられるが、額や裾に草花文を刺繍(ししゅう)したものも見られる。20090526_h09

作品所在地の地図

関連リンク

角帽子 紺地藤丸模様チェックした作品をもとに関連する作品を探す

角帽子 紺地獅子丸宝尽模様
角帽子  淡茶地桜模様
法被 緑地唐花模様
角帽子  茶地丸紋散模様
表袴
ページトップへ