角帽子 淡茶地桜模様 すみぼうし  うすちゃじさくらもよう 

染織 / 安土・桃山 

安土桃山時代・16世紀
1頭

安土桃山時代までは、僧侶役が被る角帽子の額の部分と後ろ裾の部分に、草花を刺(し)繡(しゅう)する風流な趣向があった。世阿弥(ぜあみ)の『申(さる)楽(がく)談(だん)儀(ぎ)』にも「角帽子の縫物」という記述がある。江戸時代以降は、金(きん)襴(らん)や緞(どん)子(す)といった中国風の高級な織物を用いることが主流となった。

作品所在地の地図

関連リンク

角帽子 淡茶地桜模様チェックした作品をもとに関連する作品を探す

角帽子  白地唐花模様
角帽子  茶地丸紋散模様
角帽子 鶸色地紅葉筏模様
角帽子 紺地藤丸模様
角帽子 紺地獅子丸宝尽模様
ページトップへ