文化遺産オンライン

法被 緑地唐花模様

はっぴ みどりじからはなもよう

作品概要

法被 緑地唐花模様

はっぴ みどりじからはなもよう

染織 / 江戸

江戸時代・18世紀

1領

通常、法被は袷仕立で中国風の模様を織り出した金襴や錦が用いられる。薄物の絽(ろ)地に金糸で模様が織り出された裂(きれ)で作られた単(ひとえ)仕立の法被は、風雅を愛でる武将役のために特別に用意されたものであろう。単法被の代わりに、長絹(ちょうけん)が代用されることもある。20091110_h09

法被 緑地唐花模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

法被 / はっぴ / 模様 / Edo

関連作品

チェックした関連作品の検索