文化遺産オンライン

舞衣 紫地紫陽花雲模様

作品概要

舞衣 紫地紫陽花雲模様

染織 / 江戸

江戸時代・18世紀

1領

舞衣とは能舞台で女性が舞いを舞う時に用いる、舞専用の上衣である。長絹(ちょうけん)に似るが、衽(おくみ)があり両脇を縫(ぬ)い綴(と)じる点が異なり、長絹よりも丈が長い。絽や紗といった薄手の絹地に金糸や色糸で模様を織り出す。天女役などが、広袖を翻(ひるがえ)して舞う姿は優美である。20090914_h09

舞衣 紫地紫陽花雲模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ ちょうけん / / 舞う

関連作品

チェックした関連作品の検索