文化遺産オンライン

長絹 紺地牡丹唐草蝶鳥模様

ちょうけん  こんじぼたんからくさちょうとりもよう

作品概要

長絹 紺地牡丹唐草蝶鳥模様

ちょうけん  こんじぼたんからくさちょうとりもよう

染織 / 江戸

江戸時代・18世紀

1領

長絹は、本来、公家や武家の元服前に着用する上衣であったが、能においては、天女や白拍子【しらびょうし】といった舞を舞う女性役や公達【きんだち】役などが着用する。薄物の広い袖を翻【ひるがえ】して舞う姿が美しい。この長絹は朝鮮から舶載されたと考えられる珍しい裂【きれ】で仕立てられている。

長絹 紺地牡丹唐草蝶鳥模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / ちょうけん / 模様

関連作品

チェックした関連作品の検索