文化遺産オンライン

長絹 深緑地秋草尾長鶏模様

ちょうけん ふかみどりじあきくさおながどりもよう

作品概要

長絹 深緑地秋草尾長鶏模様

ちょうけん ふかみどりじあきくさおながどりもよう

染織 / 江戸

江戸時代・18世紀

1領

金春家伝来の長絹の中でも殊に優美な一領である。さまざまな色糸と金糸で秋草の上を飛び交う尾長鶏を表わす。秋草模様は女性役の能装束にしばしば見られるが、尾長鶏は宮廷女性の衣装に好まれた模様である。裾模様の方が華やかな珍しい例である。

長絹 深緑地秋草尾長鶏模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

模様 / 秋草 / / 女性

関連作品

チェックした関連作品の検索