文化遺産オンライン

長絹 緑地栗折枝蔦模様

ちょうけん  みどりじくりおりえだつたもよう

作品概要

長絹 緑地栗折枝蔦模様

ちょうけん  みどりじくりおりえだつたもよう

染織 / 江戸

江戸時代・18世紀

1領

長絹は広袖の上衣で、もともとは宮廷装束の一種であった。能装束では、おもに天女や女神といった舞を舞う女性役が着用するほか、宮廷貴族の公達(きんだち)や子方といった優雅な身分の男性役が用いる。絽(ろ)や紗(しゃ)といった薄物で作られ、袖が翻るさまが優美である。

長絹 緑地栗折枝蔦模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

ちょうけん / / 広袖 /

関連作品

チェックした関連作品の検索