文化遺産オンライン

縫箔 紅白段短冊八橋雪持柳模様

ぬいはく  こうはくだんたんざくやつはしゆきもちやなぎもよう

作品概要

縫箔 紅白段短冊八橋雪持柳模様

ぬいはく  こうはくだんたんざくやつはしゆきもちやなぎもよう

染織 / 安土・桃山

安土桃山時代・16世紀

1領

重要文化財

紅地と白地を石畳風に六つ替わりとしたデザインは中世の小袖に特有のデザインである。刺繍で模様を表わし、白地には模様の隙間に金箔を敷き詰めた縫箔。このような段替りのデザインは当時の唐織にも見られ、江戸時代中期以降のデザインにも継承された。

縫箔 紅白段短冊八橋雪持柳模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

紅白 / / 唐織 / 模様

関連作品

チェックした関連作品の検索