文化遺産オンライン

鎧下着 茶麻地縞雲模様

よろいしたぎ ちゃあさじしまくももよう

作品概要

鎧下着 茶麻地縞雲模様

よろいしたぎ ちゃあさじしまくももよう

染織 / 江戸

江戸時代・19世紀

1領

重い鎧の下に着用し、体を保護するための下着である。型紙で糊を置き、茶色の染料で縞に雲の模様を染める。三所紋には、隅切角【すみきりかく】に三つ葉葵紋がついており、紀州徳川家の流れを組む伊予国西条家【いよのくにさいじょうけ】のものか。立衿【たちえり】に流行の唐桟【とうざん】を使う所もおしゃれである。

鎧下着 茶麻地縞雲模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 下着 / / 模様

関連作品

チェックした関連作品の検索