鎧下着 茶羽二重地唐草模様 よろいしたぎ ちゃはぶたえじからくさもよう

その他の画像全2枚中2枚表示

染織 / 江戸 

江戸時代・19世紀
1領

 大鎧【おおおろい】が簡略化されて具足【ぐそく】になってから出現したものである。袷綿【あわせわた】入り仕立てのものが多く見られ、衿【えり】の形態は小袖と同様のものや、立衿【たちえり】、南蛮様式等が取り入れられている。袖は活動しやすい筒袖【つつそで】のものや壷【つぼ】袖が多く、下着としての実用的性格が考慮されている。

作品所在地の地図

関連リンク

鎧下着 茶羽二重地唐草模様チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鎧下着 白綾地花束宝尽蓬莱山模様
鎧下着
鎧下着 茶麻地縞雲模様
鎧下着 白平絹地経文日輪仏像模様
鎧下着 水浅葱綸子三つ葉葵紋付
ページトップへ