鎧下着 白平絹地経文日輪仏像模様 よろいしたぎ しろひらぎぬじきょうもんにちりんぶつぞうもよう

その他の画像全2枚中2枚表示

染織 / 江戸 

江戸時代・18世紀
1領

鎧の下に着用する防寒用の下着。袷仕立で中綿が入り壺袖となっている。全身に木版で経文が墨摺りされており、さらに背中に3つ、正面に1つ、諸仏を配した図を木版摺りにした日輪を貼り付ける。戦場での加護を願った武士の一面がうかがえる。

作品所在地の地図

関連リンク

鎧下着 白平絹地経文日輪仏像模様チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鎧下着 白綾地花束宝尽蓬莱山模様
鎧下着
鎧下着 水浅葱綸子三つ葉葵紋付
鎧下着 茶羽二重地唐草模様
鎧下着 茶麻地縞雲模様
ページトップへ