陣羽織 猩々緋羅紗地違鎌模様 じんばおり しょうじょうひらしゃじちがいかまもよう

その他の画像全3枚中3枚表示

染織 / 安土・桃山 

安土桃山時代・16世紀
裄52.0 丈76.6
1領
重要文化財

戦国の武将小早川秀秋(こばやかわひであき)所用といわれるもので、大胆な曲線裁断と、おおらかな模様が特徴的である。南蛮貿易で輸入された真っ赤な羅紗(らしゃ)を素材とし、切り嵌(ば)めにした鎌模様の一部はアップリケになっている。大胆な配色、奇抜なデザインは戦国武将のファッションの特徴である。(h21「戦う武士の世界」09)

作品所在地の地図

関連リンク

陣羽織 猩々緋羅紗地違鎌模様チェックした作品をもとに関連する作品を探す

緋地羅紗違鎌文陣羽織
陣羽織 黒羅紗地富士山模様
陣羽織 紅地花唐草模様緞子
陣羽織 黒鳥毛「太白」文字模様
陣羽織 黒鳥毛揚羽蝶模様
ページトップへ