陣羽織 黒鳥毛「太白」文字模様 じんばおり くろとりげもじもよう

その他の画像全2枚中2枚表示

染織 / 安土・桃山  江戸 

安土桃山時代~江戸時代・16~17世紀
丈85.0 肩幅47.0
1領

徳川家康の四天王とたたえられた武将、榊原康政【さかきばらやすまさ】(1548~1606)所用と伝えられる陣羽織。表面に鳥毛を植え込み、背中央には「太」「白」の文字が白い鳥毛で表わされる。通常の衣服とは異なる素材を用いた奇抜なデザインは戦場で武勇を鼓舞するためと考えられた。

作品所在地の地図

関連リンク

陣羽織 黒鳥毛「太白」文字模様チェックした作品をもとに関連する作品を探す

陣羽織 黒鳥毛揚羽蝶模様
陣羽織 紅地花唐草模様緞子
陣羽織 黒毛「五」文字模様
陣羽織  猩々緋羅紗地違鎌模様
陣羽織 紫白染分練緯地段葵紋散模様 
ページトップへ