紅地雪持橘文様唐織小袖 べにじゆきもちたちばなもんようからおりこそで

その他の画像全3枚中3枚表示

工芸 / 安土・桃山 / 近畿 

京都府
桃山/1501-1600
袷仕立ての唐織小袖の作品である。表は経三枚綾の紅地に、白・紅・浅葱・縹・紺・紫・黄・萌黄・濃萌葱の絵緯で、雪持橘・花菱の折枝や雪輪などを表す。文様構成は、雪持橘・花菱・…
前丈144.0 裄61.0 前身幅31.0 後身幅48.5 袖幅22.0 袖丈52.5
袖口28.0 衽幅23.8 衽下り10.5 襟肩明15.5 襟幅15.0 襟下36.5(㎝)
1領
京都国立博物館 京都府京都市東山区茶屋町527
重文指定年月日:20020626
国宝指定年月日:
登録年月日:
独立行政法人国立文化財機構
国宝・重要文化財(美術品)

本小袖は、身幅に対し袖幅を狭くとった仕立てや、紅がちの色調、柔らかみのある絵緯など、総体に桃山時代の特色が豊かな唐織小袖である。中でも地・絵緯の色調や一幅あたり二〓間ずつ、上下では左右に反転させた文様構成が、重文・紅地菊枝桐亀甲文唐織小袖(林原美術館蔵、桃山時代)に近似する。
 本作品では大幅な仕立て直しは認められず、また胸の辺りで顕著に見られるように色調もより鮮やかに残る。保存状態良好な桃山時代唐織小袖の好例として価値が高い。

作品所在地の地図

関連リンク

紅地雪持橘文様唐織小袖チェックした作品をもとに関連する作品を探す

能装束〈雪持柳地紙散繍箔肩裾/〉
草花文段片身替繍箔小袖
能装束〈紅白段菊芦水鳥文繍箔/〉
白地松鶴亀草花文繡箔肩裾小袖
能装束〈白地桐竹鳳凰桜芦文繍箔肩裾/〉
ページトップへ