紅地雪持ち橘文様唐織小袖 ベニジユキモチタチバナモンヨウカラオリコソデ

その他の画像全2枚中2枚表示

染織 

丈:144.0cm 裄:61.5cm
1領
重要文化財

雪持ちの橘と菱形の花を組み合わせた、縦横約20cmの正方形の文様を一単位とし、これを裂幅にふたつ並べ、上下で文様パターンを反転させながら織り上げた唐織が用いられている。唐織とは、綾地に多色の絵緯糸を浮かせて文様をあらわした一種の浮織物で、織物でありながら、あたかも刺繍のような質感がある。このように小さな文様単位を巧みに繰り返す唐織の構成や、身幅が広く袖幅が狭い小袖の形状は、いずれも桃山時代の特色を示す。桃山時代の唐織小袖の多くは能装束として伝えられたが、肖像画などの画中資料からは、高位の武家女性が、正装の際の表着として着用したことが判明する。

作品所在地の地図

関連リンク

紅地雪持ち橘文様唐織小袖チェックした作品をもとに関連する作品を探す

紅地雪持橘文様唐織小袖
唐織 石畳地桜枝文様
唐織 白地枝垂桜模様
能装束〈緑地桐鳳凰文唐織/〉
能装束〈紅地蜀江文黄緞狩衣/〉
ページトップへ