萌黄地花折枝文様唐織 もえぎじはなおりえだもんようからおり

その他の画像全2枚中2枚表示

染織 / 江戸 / 日本 

日本
江戸時代/17世紀
丈133.0 裄66.3
1領
京都国立博物館 京都府京都市東山区茶屋町527
国 (文化庁)

表地は、青味の強い深萌葱地に、白・黄・萌黄・深萌黄・浅葱・紺・赤・茶・焦茶の絵緯糸を用いて、牡丹のような葉をもつ十二弁花の折枝を織出す。赤を用いているが控え目であり、中年以上の女役に用いられたと推測される唐織である。

関連リンク

萌黄地花折枝文様唐織チェックした作品をもとに関連する作品を探す

紅黒萌黄段秋草枝折戸文様唐織
紅地雪持橘文様唐織小袖
赤黒段桔梗文様唐織
萌黄地秋草に柴垣・黒地霞に蒲公英文様段替繍箔
唐織 茶地格子菊折枝模様
ページトップへ