紅黒萌黄段秋草枝折戸文様唐織 べにくろもえぎだんあきくさしおりどもんようからおり

その他の画像全2枚中2枚表示

染織 / 江戸 / 日本 

日本
江戸時代/18世紀
丈160.5 裄75.4
1領
京都国立博物館 京都府京都市東山区茶屋町527
国 (文化庁)

紅、黒、萌黄を用いて全体を段替りに校正した唐織である。文様は、菊、撫子、萩などの秋草と枝折戸、芝に蔦、霞と若松を多彩な色糸と金糸で織り出し、初秋から新春の季節を表している。

関連リンク

紅黒萌黄段秋草枝折戸文様唐織チェックした作品をもとに関連する作品を探す

萌黄地秋草に柴垣・黒地霞に蒲公英文様段替繍箔
萌黄地花折枝文様唐織
赤黒段桔梗文様唐織
唐織 金紅萌黄段敷瓦菊薄模様
花色茶紅段格子に網代楓文様厚板
ページトップへ