綾地締切蝶牡丹文片身替小袖 あやじしめきりちょうぼたんもんかたみがわりこそで

その他の画像全4枚中4枚表示

工芸 / 安土・桃山 / 近畿 

桃山
表白萌黄締切蝶牡丹文綾地、裏白地平絹の袷仕立て。前身頃、後ろ身頃とも大きく二段に分けて段替とし、さらに片身替にして四区に分ける。地は経糸と緯糸の色を替えた六枚綾地綾とし…
身丈135.5 裄62.0 袖丈46.5 袖幅30.0 衿幅13.0 (㎝)
1領
重文指定年月日:19700525
国宝指定年月日:
登録年月日:
財団法人芦刈山保存会
国宝・重要文化財(美術品)

祇園祭りの芦刈山の人形が着用していた小袖である。段・片身替とし萠葱と白地を交互に織りわけ、地文に蝶牡丹文を織り出した綾で室町時代末期の特色が強く、数少ない当代の遺品としても優れている。

関連リンク

綾地締切蝶牡丹文片身替小袖チェックした作品をもとに関連する作品を探す

草花文段片身替繍箔小袖
能装束〈紅萌葱地山道菊桐文片身替唐織/〉
能装束〈紅白段菊芦水鳥文繍箔/〉
白地松鶴亀草花文繡箔肩裾小袖
黒紅染分綸子地松皮菱段模様繍箔小袖
ページトップへ