文化遺産オンライン

桐唐草格子文様片身替小袖

きりからくさこうしもんようかたみがわりこそで

作品概要

桐唐草格子文様片身替小袖

きりからくさこうしもんようかたみがわりこそで

染織 / 安土・桃山 / 近畿

不明

兵庫県

桃山/不明

本品は、左右で文様や配色を違えた片身替(四つ替)の意匠を特色とする桃山時代の小袖である。上前と背面の右身頃には萌黄と白の段に桐唐草文をあらわし、いっぽう下前と背面の左身…

身丈129.0㎝ 裄〔左〕64.0cm 〔右〕63.2cm
袖丈 〔左〕43.6cm 〔右〕49.3cm

1領

兵庫県三木市府内町6番43号

兵庫県指定
指定年月日:20170314

有形文化財(美術工芸品)

附 桐紋唐松散らし蒔絵箱 1合
縦76.0㎝ 横30.2㎝ 高29.0㎝
 附の箱は、被せ蓋造、総体黒漆塗りとし、金蒔絵による五三桐紋を蓋表に二つ、蓋の長側面に二つ、短側面に一つ、また身の長側面に二つ、短側面に一つずつ配し、その間に金蒔絵の唐松文を散らす。身の長側面には、五三桐紋を彫った円形の紐金具を据え、その鐶に萌葱の丸打ち紐を付す。

桐唐草格子文様片身替小袖をもっと見る

不明をもっと見る

地方指定文化財データベースをもっと見る

キーワード

/ / 片身 / 小袖

関連作品

チェックした関連作品の検索