能装束〈紅萌葱地山道菊桐文片身替唐織/〉 のうしょうぞく〈べにもえぎじやまみちきくきりもんかたみがわりからおり〉

工芸 / 安土・桃山 / 中国・四国 

山口県
桃山
袷仕立て。表は紅染めの三枚綾地に稲妻形を上文として菊桐文を散らし、白、紅、藍、萌黄、紫、鉄色の絵緯で織出した唐織。裏は紅平絹。
身丈145.0 裄61.0 袖丈55.5 袖幅24.5
衿幅12.0  衿肩あき17.0 衿下45.0 (㎝)
1領
毛利博物館 山口県防府市多々良1-15-1
重文指定年月日:19700525
国宝指定年月日:
登録年月日:
公益財団法人防府毛利報公会
国宝・重要文化財(美術品)

全体に渡りの長い絵緯を用いて山道文を織り、さらに上文として菊桐文を散らした意匠で、桃山時代に盛行した絢爛たる文様である。この唐織は毛利輝元が豊臣秀吉から賜わったもので、当代の特色が強い名品である。

作品所在地の地図

関連リンク

能装束〈紅萌葱地山道菊桐文片身替唐織/〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

能装束〈緑地桐鳳凰文唐織/〉
綾地締切蝶牡丹文片身替小袖
紅地雪持橘文様唐織小袖
草花文段片身替繍箔小袖
白地松鶴亀草花文繡箔肩裾小袖
ページトップへ