白繻子地観世水文様縫箔 しろしゅすじかんぜみずもんようぬいはく

その他の画像全2枚中2枚表示

工芸  染織 / 江戸 / 日本  九州  佐賀県 

江戸時代中期/18世紀
白繻子地
丈150.0cm 裄67.0cm
1領
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

白繻子地の全面に繊細な観世水を銀摺箔であらわす。流水からのぞく葉は萌葱・浅葱・紅・紫の色糸で端正に刺繍されており、控えめな表現にかえって風情がある一領。刺繍部分が少なく「縫入の摺箔」ともいえる。

作品所在地の地図

関連リンク

白繻子地観世水文様縫箔チェックした作品をもとに関連する作品を探す

胴箔地松藤模様縫箔
繍入り摺箔 白地鉄線唐草桧扇草花文様
紅綸子地花車模様打掛
紫地竹模様袷狩衣
白綸子地紗綾形花卉模様打掛
ページトップへ