文化遺産オンライン

厚板 紅地立涌菊橘模様

あついた べにじたてわくきくたちばなもよう

作品概要

厚板 紅地立涌菊橘模様

あついた べにじたてわくきくたちばなもよう

染織 / 江戸

江戸時代・18世紀

1領

成人の女性役に用いられていた唐織であるが、時代が下るにつれて流行に合わなくなったのであろう、振袖に仕立て替え子方の装束になった。白糸による縫取織で立涌模様を織り出しその波線に絡むように草花を配した模様は、江戸時代前期のデザインの特徴である。

厚板 紅地立涌菊橘模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

唐織 / 織る / 模様 /

関連作品

チェックした関連作品の検索