ヘルプ

世界遺産と無形文化遺産

富岡製糸場と絹産業遺産群 (世界遺産登録年:2014年)


富岡製糸場と絹産業遺産群
 富岡製糸場と絹産業遺産群は、世界経済の貿易を通じた一体化が進んだ19世紀後半から20世紀にかけて、高品質な生糸の大量生産の実現に貢献した技術交流と技術革新を示す集合体です。その結果、世界の絹産業の発展と絹消費の大衆化がもたらされました。

 この技術革新は、製糸技術の革新と、原料となる良質な繭の増産を支えた養蚕技術の革新の双方が相まって成し遂げられました。本資産は、製糸とこれを支える養蚕の技術革新の過程を示す構成要素を併せ持ち、生糸を生産する過程全体を今日に伝える顕著な見本です。

■富岡製糸場(とみおかせいしじょう)富岡市
 明治5年(1872)に明治政府が設立した官営の器械製糸場。和洋技術を混交して建てられた木骨レンガ造の繭倉庫や繰糸場などがほぼ完全にのこっています。民営化後も一貫して製糸を行い,製糸技術開発の最先端として国内養蚕・製糸業を世界一の水準に牽引しました。東置繭所・西置繭所・繰糸場の3棟が国宝,ほかに5棟と2つの附が重要文化財に指定され,併せて国史跡に指定されています。

■田島弥平旧宅(たじまやへいきゅうたく)伊勢崎市
 通風を重視した蚕の飼育法「清涼育」を大成した田島弥平が,文久3年(1863)に建てた主屋兼蚕室。瓦葺き総二階建てで換気のための越し屋根を備えた構造は,近代養蚕農家の原型になりました。国史跡に指定されています。

■高山社跡(たかやましゃあと)藤岡市
 高山長五郎は,通風と温度管理を調和させた「清温育」という蚕の飼育法を確立しました。この地に設立された養蚕教育機関高山社は,その技術を全国及び海外に広め,「清温育」は日本の標準養蚕法になりました。国史跡に指定されています。

■荒船風穴(あらふねふうけつ)下仁田町
 岩の隙間から吹き出す冷風を利用した国内最大規模の蚕種(蚕の卵)の貯蔵施設。冷蔵技術を活かし,当時年1回だった養蚕を複数回可能にし,繭の増産に貢献しました。国史跡に指定されています。

記載物件名 富岡製糸場と絹産業遺産群
具体的な物件 富岡製糸場、田島弥平旧宅、高山社跡、荒船風穴
所在地 群馬県富岡市、伊勢崎市、藤岡市、甘楽郡下仁田町
推薦年月 平成25年1月
記載年月 平成26年6月
区分 文化
写真提供 群馬県(富岡製糸場、田島弥平旧宅、高山社跡、荒船風穴)

富岡製糸場
富岡製糸場
田島弥平旧宅
田島弥平旧宅
高山社跡
高山社跡
荒船風穴
荒船風穴
ページトップへ