黄梅院 本堂 おうばいいん ほんどう

建造物 宗教建築 / 安土・桃山 / 近畿

  • 京都府
  • 桃山/1586
  • 桁行19.1m、梁間15.3m、一重、入母屋造、本瓦葺
  • 1棟
  • 京都府京都市北区紫野大徳寺町
  • 重文指定年月日:19220413
    国宝指定年月日:
  • 黄梅院
  • 重要文化財

黄梅院は大徳寺の塔頭で、すでに指定されている本堂(客殿)は天正十六年の落成。切妻造、妻入、禅宗塔頭庫裏の一典型で、かつ、最古に属する遺構。良質で部材の残りもよい。この時期の客殿と庫裏が揃って残る例はきわめて少く、塔頭寺院の構えを知るうえに貴重。

黄梅院 本堂

ページトップへ