綿業会館 めんぎょうかいかん

建造物 近代その他 / 昭和以降 / 近畿

  • 大阪府
  • 昭和/1931
  • 建築面積920.11m2、鉄骨鉄筋コンクリート造、地上六階地下一階建、
    屋上塔屋付、北面非常階段附属
  • 1棟
  • 大阪府大阪市中央区備後町二丁目5番8号
  • 重文指定年月日:20031225
    国宝指定年月日:
  • 社団法人日本綿業倶楽部
  • 重要文化財

綿業会館は,大阪の中心的な商業地区である船場のほぼ中央にある。紡績繊維関係者の倶楽部建築として,昭和5年3月着工,昭和6年12月に竣工した。設計は渡辺建築事務所の渡辺節で,村野藤吾も参画したとされる。
 鉄骨鉄筋コンクリート造,地上6階建,地下1階建で,塔屋を設ける。1階の会員食堂,2階の談話室,貴賓室,会議室,6階の大会場などが,倶楽部建築としての主要室である。
 ルネッサンス風の簡明な外観を基調としながら,内部の各室は様々に異なったスタイルを取り入れる等,我が国の折衷様式建築を代表する建築の一つであり,各部の意匠も秀逸で,様式建築の習熟を示す建築として,高い価値がある。
 設備に最新の技術を導入し,合理的な平面計画をもつ等,建築家渡辺節の代表作の一つとしても重要である。

綿業会館 めんぎょうかいかん

その他の画像

全3枚中 3枚表示

綿業会館綿業会館綿業会館
ページトップへ