青磁下蕪花生 せいじしもかぶらはないけ

工芸 /  / 関東

  • 東京都
  • 南宋
  • 鉄分を含んだ半磁質胎の素地、いわゆる下蕪形で、頸に二段の節、胴に三條の突帯を廻らし、口縁は横に開く。高台は径が大きく、両側に矩形の孔を穿つ。全面に灰青色の青磁釉が厚くか…
  • 高23.7  口径7.2  底径11.7 (㎝)
  • 1口
  • 東京都千代田区丸の内3-1-1
  • 重文指定年月日:19780615
    国宝指定年月日:
    登録年月日:
  • 財団法人出光美術館
  • 国宝・重要文化財(美術品)

 素地は鉄分を含んだ半磁質胎で、いわゆる下蕪形の花生であり、全面に灰青色の青磁釉が厚くかかっている。
 中国南宋官窯の数少ない遺例の内でも優れた作品の一つである。

青磁下蕪花生

ページトップへ