飛青磁柑子口花生 とびせいじこうじぐちはないけ

工芸 /   / 中部

  • 南宋~元
  • 頸が細長く胴の下部がふくらんだ、いわゆる下蕪(しもかぶら)形である。口縁の下にふくらみがある柑子口で、頸と胴に一条の凸起があり、高台は外に張る。素地は灰白色磁質で、全面…
  • 胴径14.8 高台径8.5 高30.0 (㎝)
  • 1口
  • 重文指定年月日:19540320
    国宝指定年月日:
    登録年月日:
  • 個人
  • 国宝・重要文化財(美術品)

日本に多く舶載された飛青磁の伝世品。
破綻の無い形姿やむらのない釉調、巧みに配された鮮やかな発色の鉄斑文など、飛青磁を代表する優品の一つである。

飛青磁柑子口花生

ページトップへ