本朝文粋 ほんちょうもんずい

歴史資料/書跡・典籍/古文書 その他 / 鎌倉 / 中部

  • 愛知県
  • 鎌倉
  • 愛知県豊田市小坂本町8-5-1
  • 重文指定年月日:19980630
    国宝指定年月日:
    登録年月日:
  • 猿投神社
  • 国宝・重要文化財(美術品)

 平安時代中期、藤原明衡(生年未詳-一〇六六)が編んだ一四巻からなる漢詩文集で、嵯峨天皇から後一条天皇の治世まで二百年間における学者文人など六八人の詩文四三二篇を収録する。
 猿投神社に伝来した写本は、巻第二が一冊、巻第十三は二巻・一帖の三本を存し、いずれも鎌倉時代の書写になる。巻第二は、詔、位記、符や意見封事などの公的な文章を収め、なかでも三善清行の『意見封事十二箇条』がとくに知られている。巻第十三は巻第十四と並び祭文、表白、願文、諷誦文など神事仏事に関する文章を収める。
 巻第二は、旧巻子を冊子に改装したもので、文書を翻した料紙三五紙に押界を施し、一紙二二行(現半葉一一行)、行二〇字前後に丁寧な筆致をもって書写され、「□朝文粋巻第二」の首題に次いで、標目以下、本文、尾題までをほぼ完存する。文中には、一部に本文と同筆にて墨仮名点・返点・合符があり、稀に墨校異・声点がみえる。紙背には永仁六年(一二九八)九月日某注進状案、正安二年(一三〇〇)閏七月熱田社領時光・恒正名百姓等申状案をはじめとする熱田社領関係の文書があり、本巻が鎌倉時代後期に熱田社所縁の人物によって書写されたことを伝えている。
 巻第十三は、筆跡の異なる三本の写本が伝わっている。このうち、巻第十三残巻の一巻は、楮紙に墨界を施して料紙に用い、一紙二一行、行一九字前後にやや速筆をもって書写される。巻首を欠き、「願文上」の標目途中より、本文は「勸學院佛名廻文」の末行までの一〇紙分で、計一〇篇を存する。文中には本文と同筆にて墨仮名点・返点および墨声点が全文にわたって付され、まま墨書校合…

本朝文粋

ページトップへ