水若酢神社本殿 みずわかすじんじゃほんでん

建造物 宗教建築 / 江戸 / 中国・四国

  • 島根県
  • 江戸後期/1795
  • 桁行二間、梁間三間、一重、切妻造、妻入、茅葺、向拝三間、片流れ、
    杉皮葺
  • 1棟
  • 島根県隠岐郡隠岐の島町郡
  • 重文指定年月日:19920121
    国宝指定年月日:
  • 水若酢神社
  • 重要文化財

水若酢神社は隠岐島後西部の古社である。
 本殿は、正面に茅葺の切妻屋根をみせる規模の大きな建築で、隠岐に特色的な形式をとる点では玉若酢命神社本殿と似るが、組物を省略するなど、意匠上は素朴で力強い形式をとる点に特徴がある。また、普請文書もよく揃い、造営の様子が詳しくわかり、隠岐の神社建築の歴史を知る上で注目される。

水若酢神社本殿 みずわかすじんじゃほんでん

ページトップへ