短刀〈無銘正宗(名物日向正宗)/〉 たんとう〈むめいまさむね(めいぶつひゅうがまさむね)〉

工芸 / 鎌倉 / 関東

  • 正宗
  • 東京都
  • 鎌倉
  • 平造、三つ棟、反りなし。鍛小板目肌よくつみ、地鉄冴え、地沸厚く、地景頻りに入り、湯走り、飛焼あり。裏は僅かに流れる。刃文は小湾れに互の目交じり、表裏に州を焼き、物打上焼…
  • 身長24.7 反りなし 元幅2.2 茎長9.4 (㎝)
  • 1口
  • 三井記念美術館 東京都中央区日本橋室町2-1-1三井本館7階
  • 重文指定年月日:19410703
    国宝指定年月日:19521122
    登録年月日:
  • 公益財団法人三井文庫
  • 国宝・重要文化財(美術品)

包丁正宗と共に、正宗作域の中庸的なものを示し、相州ものの特色と美点を発揮する。星野本名物帳によると、護摩箸は本阿弥光徳の好みで彫り加えられたという。享保名物中に日向正宗とあるのが本短刀で、水野日向守所持からその号がある。

短刀〈無銘正宗(名物日向正宗)/〉 たんとう〈むめいまさむね(めいぶつひゅうがまさむね)〉

ページトップへ