旧松山家住宅塀 きゅうまつやまけじゅうたくへい

建造物 住居建築 / 昭和以降 / 近畿

  • 兵庫県
  • 昭和前/1930
  • 石垣、総延長36m
  • 1基
  • 兵庫県芦屋市打出小槌町2
  • 登録年月日:20090108
  • 芦屋市
  • 登録有形文化財(建造物)

敷地の東辺、出入口を挟んで南北に延びる石垣で、折曲り総延長36m、高さ2m内外である。基部を大振りな花崗岩の練積、その上に切石を帯状に置き、上部を玉石の練積とし、生垣を植える。閑静な住宅街に調和した景観をつくる。

旧松山家住宅塀 きゅうまつやまけじゅうたくへい

その他の画像

全2枚中 2枚表示

旧松山家住宅塀旧松山家住宅塀
ページトップへ