塩山和泥合水集板木 えんざんわでいがっすいしゅうはんぎ

歴史資料/書跡・典籍/古文書 / 南北朝 / 中部

  • 南北朝/1386
  • 37枚
  • 重文指定年月日:19930610
    国宝指定年月日:
    登録年月日:
  • 向嶽寺
  • 国宝・重要文化財(美術品)

『塩山和泥合水集』は向嶽寺の開山抜隊得勝(1327~87)教えを収録した仮名法語で、その晩年に刊行された。禅宗寺院で開板されたいわゆる「五山版」の板木として残る数少ない例である。『遺誡』は示寂前に弟子に示した33か条を第2世通法明道が開板したもの。

塩山和泥合水集板木

ページトップへ