田原の御田 たわらのおんだ

民俗 無形民俗文化財

  • 京都府
  • 指定年月日:20001227
    保護団体名:多治神社民俗芸能保存会
    備考:
  • 重要無形民俗文化財

 田原の御田は、御田植【おたうえ】とも呼ばれ、一年間の稲作作業過程を、実際の作業が始まる前に、あらかじめ模擬的・芸能的に演じて、その年の豊作を祈るものである。一〇名ほどの歌い手と、牛や早乙女【さおとめ】を演じる子どもが加わるが、一連の作業は、二名の大人が、すべて軽妙なセリフのやりとりと物まねで演じ、また田植えの場面は、昼前の作業と昼休み後の作業に区切られ、それぞれ決まった田植え歌を歌う。
 日吉町の田原地区は、京都と日本海側の若狭【わかさ】地方を結ぶ旧若狭街道に沿った地区で、この御田は、同地の多治神社境内で行われる。多治神社は、社伝によれば八世紀初期に創建されて田原地区の総鎮守であったとされる。同社に残る一六世紀に写したとされる記録によると、一四世紀ころに田原地区では、同社を中心に宮座【みやざ】が組織され、この御田は宮座の行事の一つであった。また現在は使用していないが、かつて御田に使用した鍬【くわ】に元禄四年(一六九一)、鋤【すき】に元文四年(一七三九)と記されている。さらに天保十四年(一八四三)の記録で、御田が五月四日の夜に、今と同じように行われていたことがわかる。
 現在の御田は、五月三日の午前中に、多治神社本殿前の約三間四方の拝殿【はいでん】で行われる。なお当日の朝、社殿や拝殿の屋根に、菖蒲の束を投げ上げたり、軒にさしておく。御田を演じるのは、タチウド(立人)とも呼ばれるサクタロウ(作太郎)とサクジロウ(作次郎)の男性大人二人、早乙女役の四名の小学生女子と牛役の小学生男子一名に、歌い手は一〇人ほどの男性の大人である。演じ手は、あらかじ…

田原の御田

ページトップへ