絹本著色五聖曼荼羅図 けんぽんちゃくしょくごしょうまんだらず

絵画 / 鎌倉 / 近畿

  • 鎌倉
  • 1幅
  • 重文指定年月日:20050609
    国宝指定年月日:
    登録年月日:
  • 宗教法人高山寺
  • 国宝・重要文化財(美術品)

 画面中央に多角形の華麗な台座上、白蓮華に坐す毘盧遮那【びるしゃな】如来、手前右に金色の獅子に乗る文殊菩薩、左に白象に乗る普賢菩薩、主尊の後方右に朱蓮華に坐す弥勒菩薩、左に観音菩薩を描く。
 本図の特異な図像の成立については、明恵【みょうえ】(一一七三~一二三二)の関与が指摘される。毘盧遮那如来以外の四菩薩については、彼の著作『華厳仏光三昧観秘宝蔵【ぶつこうざんまいかんひほうぞう】』(承久三年〈一二二一〉)において毘盧遮那如来の眷属【けんぞく】とされている。また、特異な印相をなす如来の姿は、同じく『華厳仏光三昧観秘宝蔵』に「唐本善知識中尊図」に倣った像容として現れる。図像を同じくする毘盧遮那如来が中国・南宋時代の飛来峰【ひらいほう】「華厳仏会像【ぶつえぞう】」中に認められ、宋仏画に基づく新しい図像であったことが知られる。他方、着衣や蓮華座を白色と銀泥によって彩る感覚は、明恵が護持した高山寺所蔵絹本著色仏眼仏母像(昭和二十六年六月九日指定、国宝)を彷彿させる。
 文殊、普賢二菩薩の図像は南宋時代の絹本著色釈迦三尊像(神奈川・建長寺蔵、明治三十二年八月一日指定、重文)の脇侍菩薩と一致するものであり、同じく宋仏画に倣った可能性が高い。未敷蓮華を執る観音は胎蔵界曼荼羅などに多く見られる姿であり、弥勒は塔をのせた蓮華茎を執るが、塔を五輪塔とする点が注意される。
 『高山寺縁起』によれば、明恵の示寂の直前、寛喜四年(一二三二)供養の高山寺三重塔内にこれらの五尊の彫像が安置されていたことが知られる。また高山寺学問所には「毘盧遮那五聖曼荼羅一鋪、成忍筆、…

絹本著色五聖曼荼羅図

ページトップへ