志野茶碗〈銘卯花墻/〉 しのちゃわん〈めいうのはながき〉

工芸 / 安土・桃山 / 関東

  • 東京都
  • 桃山
  • 素地は卵殻色の俗に言う百草土、白濁半透性のいわゆる志野釉が厚くかかり、口辺その他施釉の薄い部分は赤くこげている。全面に荒い貫入があり、底裏無釉、轆轤による成形だが、これ…
  • 高9.5  口径11.8  高台径6.05  (㎝)
  • 1口
  • 三井記念美術館 東京都中央区日本橋室町2-1-1三井本館7階
  • 重文指定年月日:19550202
    国宝指定年月日:19590627
    登録年月日:
  • 公益財団法人三井文庫
  • 国宝・重要文化財(美術品)

志野随一の名碗として知られる。天正年間に大萱牟田洞で作られたものと推定され、志野の代表的名作として有名なものである。

志野茶碗〈銘卯花墻/〉 しのちゃわん〈めいうのはながき〉

ページトップへ