三田家住宅(大阪府柏原市今町) 主屋 みたけじゅうたく しゅおく

建造物 住居建築 / 江戸 / 近畿

  • 大阪府
  • 江戸後期/1766
  • 桁行15.7m、梁間11.8m、東面及び北面庇付、一部二階、南面突出部 
    桁行3.9m、梁間3.8m、切妻造、本瓦葺
  • 1棟
  • 大阪府柏原市今町697番地
  • 重文指定年月日:19690620
    国宝指定年月日:
  • 重要文化財

三田家住宅は旧柏原村の奈良街道に面し、当家は農家であったが、木綿間屋もやっていたと伝える。この住宅は町屋的色彩が濃い。建設年次は普請関係文書が多数あり、明和三年(一七六六)から五年にかけての文書で、この住宅は明和五年(一七六八)三月に完工している。このように建設年代が明らかなこと、町屋としての性格をもつなど数少ない重要な遺例である。

三田家住宅(大阪府柏原市今町) 主屋 みたけじゅうたく しゅおく

ページトップへ